松戸市での家族葬おすすめ6社

home > 松戸市の家族葬について > 家族葬を選ぶメリットと気をつける点とは

家族葬を選ぶメリットと気をつける点とは

 一昔前は葬儀といえば一般葬で、家族や親戚はもちろんのこと、故人が生前に親しくしていた人やお世話になった人、近所の人など多くの人が参列することが当たり前でした。
しかし時代の流れに伴い葬儀に関する考え方にも変化があり、近年では規模の大きな葬儀は望まないという人が多くなっています。
そのことから主流になりつつあるのが家族葬です。
家族しか参列できないというわけではなく、家族や故人の希望などがあれば、親しい人は参列できるなど自由度が高いのも良い点となっています。
家族葬ならばアットホームな雰囲気の中で執り行う方ができ、他の会葬者に対して気を使う必要がないので、ゆっくりと最後の別れの時間を過ごすことができ、精神的にも体力的にも負担を軽減させることができるようになっているという魅力もあります。

 家族葬といっても通夜式や告別式といった儀式は一般葬と変わりなく行うことになるので、普段は抑えながらしっかりと見送りたい時にもぴったりです。
規模が小さくなる分、金銭面の負担が減るのは当然のことではないでしょうか。
香典も減ることになりますが、会葬者が少なければ通夜振る舞いや返礼品の負担も減らすことができるので、一般葬よりも負担が少ないケースが多いです。
形式にとらわれることなく、自由なスタイルの葬儀にすることができるというのも家族葬を選ぶメリットではないでしょうか。
故人の希望に合わせられるのはもちろんのこと、遺族の考えに合わせて選ぶことができます。
松戸市でも家族葬を選ぶ人が増えていることから、家族葬を得意としている業者も増えており、選択肢が多いのも良い点です。

 家族葬には金銭面や精神面、体力面の負担の軽減という様々なメリットがあることから、近年選ばれていることは確かです。
しかし家族葬を執り行う際には、本当に後々親戚など参列できなかった人から批判されないのかということも考えておかなくてはなりません。
故人との生前の付き合いなど関係性によって、呼ぶ人は誰にするのかを吟味しなくてはならないことは確かです。
家族葬ということを知らない人が、訃報を聞きつけて当日足を運んでくることも稀にあり、そうなれば返礼品や料理の手配で追われてしまうこともあります。
そういったときのことも考え、きちんとアドバイスしてくれたり対応がしっかりとしている業者を選ぶことが、家族葬を執り行う上では必須となってくることを頭に置いておくべきではないでしょうか。

次の記事へ