しゃくれは、生まれつきなので治らないと思っている人もいるかもしれませんが、顎の形態はそれほど変わっているわけではなく、大抵の場合は顎の使い方にあります。多くの場合、顎の関節が突き出すような形で固まっているのが原因で、幼児の頃からガムを好んで噛んでいたりして、顎を使いすぎてしまったことで、顎が変形してしまうというケースも少なくありません。また、日々のストレスなどで歯を食いしばるような状況が繰り返された場合も、顎の骨を固めてしまう要因となってしまいます。そのほかにも、食事の際、片側で噛んだり、頬杖をついて顔を支えるなどの癖も、要因といえます。もちろん、遺伝によってもしゃくれになってしまうこともありますから、治したいと思ったときには、美容整形がおすすめです。

失敗しないための顎整形手術とは

小顔になりたい、フェイスラインを整えたい、しゃくれを治したいと言う人は、思い切って顎整形手術を受けてみてはいかがでしょうか。顎整形といっても、ヒアルロン酸を注入するような手軽なものから、輪郭自体を整える大がかりな外科手術を伴うものまで、種類はさまざまです。西洋人に比べると、日本人は顔全体が平べったいことが多く、エラが張っていたり、顎が前につきだしていたりして、顎の形にコンプレックスを持っている人が少なくありません。特に、顎が前につきだしていると、子供の頃にはからかわれることもあり、心に深い傷をつけてしまいます。顎の形は治らないと思っている人もいるかもしれませんが、後天的な要因の場合には、生活習慣を見直すことで改善することもありますし、重度の場合でも、外科手術で改善させることが可能です。

顎の骨に原因がある場合は骨切りが有効

顎が前につきだしていて、噛み合わせが正常であれば、ほとんどの場合顎の骨に原因があります。こういった場合には、美容整形で、つきだしている顎の骨を削ったり、中間部分の骨切りを行って、後ろに移動させることで、つきでた顎を後退させることができます。受け口の場合には、下顎の骨を切除して後退させるか、歯科矯正を行って改善させる必要があります。ただ、歯列矯正の場合は、顎はほとんど変化がありませんから、後退させたい場合は、美容整形によって、施術を受ける必要があります。ただ、こういった施術には、メリットだけではなくリスクやデメリットなども存在しますから、事前のカウンセリングをしっかりと受けて、納得してから受けることが大事です。骨が原因ではない場合は、マッサージや生活習慣を見直すことで改善することも可能ですから、見極めることが大事です。