しゃくれた顎が気になる人に人気の手術としては、外科的なオペを利用して、下顎パーツを後退させる方法をするのがポピュラーです。実際にオペになりますので、確実に骨の形状が変わることはわかりますし、見た目的な変化は大きなものとなります。顎の形状が前に突き出ていたり、顔が長く見えるのは、特に女性にとっては致命的であり、馬鹿にされる要素になります。若い時代は笑顔などでカバーしても20歳そこそこまでは誤魔化していたとしても、そこからは年齢社会の日本では、馬鹿にされるしかなくなります。だからこそ顎パーツはオペなどの力を近い、出来るだけ負担のない方法で、改善をしていくことです。まずは歯列矯正からして、様子を見ていくという手段だと、大きな負担にもなりません。

外科手術での下顎を後退させる方法

下顎の前突感が最も気になるという人には、外科手術を行って下顎を後退させる方法が元も適していますし基本にもなります。多くの症例として外科療法を使わないで、矯正歯科治療のみで治療をするという方法を選択するケースもゼロではないです。あごのしゃくれ感という、下顎の前突感がとても気になる場合であれば、やはり外科的なオペでの下顎を後退させる方法でしょう。その他にも、頤部の外科切除の外科的オペをするなどの方法もあります。いずれにしても、骨への働きかけの治療は必要となりますし、そのためにはオペとともに、回復までの時間が必要になってきます。自分では顎の形を変えるということはできないものの、美容医療の世界であれば、回復の時間が掛かろうとも、不可能ではないということです。

歯列矯正とオペで治療をしていく方法も

しゃくれている顎は見た目が悪いので治療をする方法が建設的ですが、歯列矯正とオペでの治療方法もあります。あご先が少し前へ出ていたり、顎の骨自体が長いなど、見た目的な悩みは尽きないものとなります。まずは上下の歯のズレを歯列矯正により治療して、その上でのオペに踏み切る手段もあります。実は人間の顔の形状には、自分の歯というものも大きく拘りがあるケースがありますので、歯並びの悪さから影響を受けるケースもあります。よく調べてみて骨に異常がないと判断されたら、オペなしでの歯列矯正のみというケースもあります。しかし歯の並びだけではなく、やはり顎の骨にも問題があるというケースであれば、ダブルでのアプローチで治していくことができます。骨も歯も正すことにより、見た目の美しさが高まります。