顎が前に突き出ていて歯の噛み合わせが悪かったり、しゃくれている事自体がコンプレックスだという方は多くいて、なんとか治したいと思っている方も多いでしょう。美容整では色々な手術があり、内容や効果が変わってきます。まずはシリコンプロテーゼを使用した顎形成ですが、シリコンプロテーゼと言うのは人口軟骨の事で、人間の軟骨に非常に近い素材です。これは口の中を切開し、シリコンプロテーゼを中に入れて、引っ込んでしまっている顎を前に押し出し、顎のラインや顔のバランスを整えます。この方法は口の中から切開するので傷口が見える事もなく、傷口の完治も早い事が特徴です。施術の時間は30分ぐらいで、シリコンプロテーゼが完全に固まるまでには1ヶ月程かかります。また2週間ほどは刺激物などの食事を控えなければなりません。

注射による安価で痛みの少ない治療方法

しゃくれの手術を受けると得られる効果は高く持続性もあり満足度は高いのですが、その後しばらく痛みがある事があります。その場合には痛み止めを飲むことで痛みを消してくれます。口の中とはいえ傷を付けたくないと言う方は注射での治療もあります。ヒアルロン酸を使用した顎注射です。ヒアルロン酸は人間の体内にもともとある成分なので、体への悪影響の心配はありません。ヒアルロン酸を顎に打つ事で、顎を前に出して正面から見たときの顎の輪郭をすっきりさせ、横顔を綺麗に見せる事が出来ます。注入する量は多すぎると不自然な形になるので、患者さんにあった量を医師の方と相談の上決めていきます。注射する際に麻酔を打つので痛みをほとんど感じる事なく施術を終える事が出来ますし、入浴やメイクなどもその日からする事も可能です。

生活習慣の改善でしゃくれが治る事も

手術や注射をする事でしゃくれがなくなり、自信に満ちあふれた生活を送る事が出来ます。しかし普段の生活習慣を改善する事で治る事もあります。食事をしている時に、つい片方の歯だけで噛んでしまう事があります。そうすると顎の筋肉が偏ってしまいます。そうならないように両方の歯で噛む意識をしましょう。また下向きや横向きで寝る事も顎の歪みに繋がりますので、仰向けで寝るようにしましょう。無意識のうちにやってしまっている歯ぎしりや、歯を食いしばって力を入れたりする事も良くありません。マウスピースを歯科医院で作成してもらったり、意識して力を抜く必要があります。全く関係ないと思われがちですが、猫背も良くありません。猫背によって首の筋肉が固まり、そのまま顎の筋肉にも影響してくるからです。手術を受ける前にまず自分の生活習慣の見直しをする必要があります。